「駅」を歌うとしたら

DSCN2050.jpg
写真は最近のゴーヤです。9月になってまた元気になっています。元同僚の4人グループで、月一カラオケをやっていて、今週カラオケと飲み会の予定があります。先日彩加さんの「駅」を聴いてどハマりしています。(笑)なので、カラオケの採点機能で「駅」でバトルする予定です。(笑)「駅」の詞の内容は、若い女性の歌ですね。「私のこの髪、それぞれに待つ人のもとへ、私だけ愛してたことも」等、女性の感性で溢れています。なので、ユーチューブでカバーを色々調べていたら、中西保志さんが歌っているのを見つけました。ボサノバジャズ調で歌っています。早速DAMにあるかどうか調べたら、無いようです。ジョイサウンドにも無いようです。今週のカラオケでは、竹内まりやさんのバージョンで歌うしかありませんが、カラオケが無かったら一幸で歌えないか、ムッチーさんに相談したら、ボサノバ調の伴奏作りましたとのこと。さすが音楽に詳しいムッチーさん。あっという間に作ってくれました。しかもキーボードなので、キーの上げ下げが自在です。カラオケが終わったら一幸の発表曲として練習するつもりです。女性の目線で書かれた「駅」を、おじさんが歌うとしたら、ボサノバジャズ調で、軽く歌うのが良いのではと考えています。(笑顔)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ムッチー
2019年09月08日 07:42
キジオさん、「駅」を発見してくれてありがとうございます。ボサノバのリズムに乗った「駅」は何とも言えない哀愁を表現できますね。とても勉強になります。ボサノバは、ボサは「隆起、こぶ」、ノバは「新しい」すなわち「新しい傾向・感覚」なのです。2小節を一つの単位として音楽が進行しますので、歌も演奏もリズムに乗れないと難しいですね。新しい挑戦とても楽しみです。
キジオ
2019年09月08日 15:35
ムッチーさんコメントありがとうございます。そして早速ボサノバにアレンジしていただきありがとうございます。なんとなくですがボサノバは、大人の失恋をバーでウイスキーを飲みながら軽く歌うイメージです。表現したいのは「哀愁」ですね。力んで泣いたりしてはいけません。(笑)飲み屋で絡んだりしてもいけない。スカイレストランで夜景を見ながら静かに口ずさむ、大人の音楽のイメージです。この曲をカバーすることで、一幸の新しい一面が表現できることを期待しています。(笑顔)